クレジットカードとカードローンでキャッシングした時の違い

クレジットカードに付帯させることで使えるキャッシングと、銀行や消費者金融で使えるカードローンはともに事前に申し込みをして審査が通れば利用できる借り入れ方法です。

借りられる金額はどの会社のキャッシングを利用するのか、どういった種類のカードローンを契約するのかによって異なりますが、原則として提示された金額を上限としてコンビニのATMなどからいつでも借り入れができる仕組みを取っています。
どちらも事前に申し込みと審査が必要、いつでも借りられる点は一緒ですがいくつか違いはあります。1番大きな違いが、借りられる金額です。クレジットカードに付いているキャッシング機能はあくまでクレジットカード利用の際の補助機能です。

そのため借りられる金額はあまり大きい額になっていません。一方でカードローンは借金をすることをメインにしたカードです。

そのため借り入れできる金額も大きく設定されており、所得証明書などを提出して個人信用情報などに問題がなければ300万円以上借りる枠を作ることも可能です。

10万円借りるなど少額を借りるなら、どちらを利用しても良いかもしれないですね。
またクレジットカードとカードローンでキャッシングをしたときの違いは返済時にもあります。

クレジットカードで借りた場合、前述のようにそもそも借りている金額が小さい金額であることから返済も借り入れの1ヶ月後にまとめて全額返済する契約になっているものがほとんどです。

一方でカードローンは、もちろん全額を1回で返すことも可能ですが翌月からあらかじめ指定した口座から少しずつ返済していく返し方が一般的です。
以上が両者の違いになりますが、どちらで借り入れをした方がいいと迷ったときは借りたい金額がいくらになるのかという点を考慮すると良いです。

またクレジットカードでキャッシングを利用するときはカードが1枚お財布に入っていれば良いですが、カードローンは余分にカードを作らなければならないというデメリットもあります。

自分の都合にあわせて使い分けることが賢い申し込み方法と言えるでしょう。